ユニットバスのリフォームで気をつけたいこと

ユニットバスのリフォームは、工事期間が短くユニットバスの交換だけでいいなら2日ほどで工事を終えることができるのが特徴です。


近年は以前と比べると、デザインや機能性に優れた物が増えており中には、浴室内自動洗浄やサウナなどが付いているユニットバスもあるので興味がある場合は、リフォーム時に検討してみるといいでしょう。浴室のリフォームで気をつけたいことの1つとして、窓の大きさがあります。

大きい窓は開放感がありますが、その分外からの視線も気になるところです。
また、窓の反対側に照明を付けた場合、光の関係でシルエットが窓ニスクリーンのように写しだされる可能性が高いため女性の場合特に気をつけるようにしましょう。



浴室内にタオルかけを設置する場合、設置場所にも意識するようにしましょう。タオルかけを手すりのような掴みやすい場所に設置してしまうと、いざというときタオルかけを掴んでしまいます。
タオルかけは手すりと異なり、体重を支えられるような丈夫な構造になっていないためせっかくリフォームで新しく設置したタオルかけを、また設置し直すということになりかねません。
そうならないためにも、取り付け位置を事前にしっかりと検討することが大切です。

幅広い分野の視点から日本経済新聞情報を豊富に提供しています。

他にも工事終了後に追加作業や別途工事が必要になることを避けるためにも、工事前に見積もりを細かく出してもらうことも必要です。

時間に余裕がある場合は、工事前にショールームを訪れ実物の商品を自分の目で確認するようにしましょう。