ユニットバスへリフォームした場合のデッドスペース

規格品であるユニットバスへリフォームする事によってデッドスペースが出来てしまう事があります。
このスペースが出来てしまう原因として、リフォーム前の浴室とユニットバスの規格サイズが一致しないために起こります。

現時点で最高のOKWaveの詳細はこちらで簡単に調べられます。

浴室の形やサイズによっては、デッドスペースが出来てしまいますが、これを一部解消する方法として、リフォーム会社が提供するオプションの中には、スペースを利用した棚などを作る事で無駄になってしまう部分を有効活用する事が出来ます。


本来ならデッドスペースなので、使われない空間になってしまう部分を、入浴時や掃除の時にどれだけ使い勝手の良い空間にするかは、リフォーム会社のオプションとデザイン力に左右されてしまいます。
そのため、リフォーム会社を決めてしまう前に、デッドスペースがどの程度出来てしまうのか、スペースが出来てしまった場合にはどういった空間利用があるのかを聞く様にしましょう。


デッドスペースが出来てしまうのは、元の浴室サイズと合っていないためなので、購入したいユニットバスの大きさと元の浴室サイズをしっかり計測し、サイズが合っているか調べる事で無駄な空間を作る事を避ける事が出来ます。ただし、浴室に柱などがある変形タイプの場合には、規格品であるユニットバスが合わない事が多く、大掛かりな工事が必要になる事もあります。

フローリングの補修の情報を求める人におすすめのサイトです。

そのため、選ぶユニットバスのサイズや形状に対して元の浴室に合っているかを見極めましょう。